式にかかる費用

ウエディングをする上で気になるのが、どれぐらいの費用がかかるのか、ということです。ウエディングをする地域、式場によっても変化はありますが、相場は150万円~300万円程度です。スタイルによっても、100万円ほどの差が出ることもあります。

情報収集をしよう

インターネット上には、結婚式場の情報が多く掲載されています。式場の情報だけではなく、実際に利用した人の評価、口コミを見ることもできます。また、写真なども見ることができるので、自宅から結婚式場の雰囲気を感じることができます。

プランナーとの関わり

結婚式の招待状はネットでお得に注文しましょう。こちらならオシャレなデザインがたくさん揃っているので、きっとお気に入りが見つかりますよ。

結婚式で一番お世話になるのがプランナー

結婚式場を探すとき、いくつかの式場を見学して検討するという人も多いでしょう。そのときにおそらく案内してくれるのがウエディングプランナーという結婚式を作り上げる専門の人です。結婚式を挙げることが決まったら、打ち合わせのたびにこのウエディングプランナーと何度も接することになります。 最初に接したウエディングプランナーの印象が悪かったり、自分とは合わない感じですと、式場を他にしようかなという気持ちにもなるものです。逆にそのウエディングプランナーが自分と相性が良さそう、やりたいことを実現してくれそう、と思ったら、会場に少し欠点があっても、ここで式を挙げようかなという気持ちになるものです。しかし、最初に担当したプランナーが契約後もつくとも限らないので注意が必要です。

要望があればどんどん伝え、式後にはきちんとお礼をしよう

ウエディングプランナーは、素敵な式を作るためにあれこれといろいろ提案をしてくれます。式の流れについても詳しく説明してくれるでしょう。自分たちがこんなことがしたい、という要望があったらどんどん伝えましょう。 ウエディングプランナーのことは、結婚式が終わってからもずっと印象に残るはずです。結婚式の準備が楽しくなるためにも、良い関係を保つことが大切です。 結婚式もサービス業なので、プランナーは、お金がかかる多くのプランをすすめてきます。しかし、すべてのプランを受け入れる必要はないのです。はっきりと断るべきところは断り、金額などは、もっと安くなる方法はないか、などどんどん聞いていいのです。 最後に、結婚式が終わったらプランナーにもお礼の品やお金を包んで渡すと良いでしょう。

ピックアップ

女性の憧れ

多くの女性が憧れるのが、教会結婚式です。ウエディングドレス、バージンロードは映画でも度々出てくるので、目にしたことがある人も多いです。教会結婚式だからといって信者の必要はなく、ホテルでも式を挙げることが可能です。

» readmore