女性の憧れ

女性の憧れでもある教会結婚式

チャペルやウエディングドレス、バージンロードなど教会結婚式は女性なら誰でも憧れる人気の結婚式スタイルです。 親族だけでなく、友人知人など沢山の人に祝福してもらえます。 教会で結婚式を挙げる場合、本来であれば新郎新婦のどちらかがキリスト教の信者である事が条件です。 とはいいましても、教会主催の結婚講座に定期的に参加すれば式を挙げる事が出来ます。 ホテルや礼拝施設なら信者でなくても挙式が可能です。 洋装の正礼装も人気の秘密です。 新婦は純白のウエディングドレスをまとい、ブーケを持つのも楽しみのようです。新郎はモノクロのモーニングです。 教会によっては衣装のルールが厳しい場所もありますが、こだわらないところもありますから確認しておけば大丈夫です。

一般的なキリスト教式の流れ

一般的なキリスト教式の結婚式の流れ(プロテスタントの場合)です。 最初は参列者入場です。 新郎新婦、媒酌人、新婦の父以外の参列者は式の開始前から着席しています。 次に新郎新婦の入場です。 牧師による挙式開始の宣言後、新郎が媒酌人又は証人と共に入場します。 その後は、新婦が父親と腕を組んでバージンロードを歩き進みます。 それから新婦の引渡し、賛美歌を合唱、聖書朗読、誓約、指輪の交換、宣言、結婚証明書に署名、新郎新婦退場という一連の流れです。 宣言とは、牧師と新郎新婦の右手を重ね合わせて幸せを祈り、参列者の前で結婚成立を宣言します。その後、全員で賛美歌を斉唱します。 最後の新郎新婦の退場では、新郎新婦が腕を組んでバージンロードを歩いて退場します。続いて媒酌人、両親と続き退場し、その他の参列者は祝福を贈ります。