式にかかる費用

結婚式場は慎重に下調べをしよう

大好きな彼にプロポーズされて、まるで天にも上る気持ちで結婚式を夢見ている時に、 現実に一気に引き戻されるのがお金のお話。 幸せな気持ちは束の間、どうすればお金のやりくりが出来るか、頭を悩ます事になります。 実は結婚式場によってウエディングプランは本当に様々。 沢山の式場を回って様子や雰囲気を見る事も大切ですが、さらに詳しく、お金の話をする事が何より大切なのです。 例えばウエディングドレスは、式場と提携している貸し衣装屋さんで借りると、ブランド物だと30万はかかってしまいます。 それがネットでノーブランドの物を買うと、良い物でも5万から10万の間で買う事が出来ます。 これでかなり節約出来るのですが、式場によっては、かなりの持ち込み料をとる所もあります。 それによって、結局安くするつもりが逆に高くなってしまったりするのです。

具体的なウエディングの価格

地域や式場でも変わりますが、大体の相場は150万から300万程になるそうです。 神前式と人前式でも価格は違ってきますし、披露宴の内容でも100万近く差が出てくる事もあります。 ですが折角の自分の晴れ舞台。 来ていただいたゲストにも申し訳ないような式にするわけにはいけませんので、節約できる部分はして、 例えば料理やゲストに渡す引き出物には、たっぷりお礼の気持ちを込める事で素敵なウエディングになるでしょう。 また節約と言っても、ブーケや演出の小物をハンドメイドという形で自分で作る事によって、 コストを抑える事も出来ますし、暖かみのあるウエディングにする事ができます。 何よりハンドメイドの良い所は、新郎新婦の2人で力を合わせて、結婚式までの過程を思い入れのあるものに出来る事です。